バイナリーオプションデモ体験

損切りはしっかりと

株でもFXなどでも、損切りルールというものがあって、購入するものの価格からある一定の割合まで下落したら売却するというルールがあって、この外客を損切りといいます。損切りはしっかりとする必要がありまますが、ルールとしては4%以上、7%以下にしたほうがよいといわれています。それをしないと、ずっと損をし続けることになりますから、損切りはしっかりとした方がよいということになります。

これは、検証ソフトなどで証明されているようです。検証ソフトを使用すると、過去10年以上のデータから分析して、これまでの結果を検証するというものです。ですから、検証ソフトを使うと、損切りルールについても理解できるようになりますし、自分の投資方法と照らし合わせることができるのです。

そういった意味でも検証ソフトを活用して、自分の投資方法を再確認したり、検証、分析などを行っていくと、効果的な損切りができるようになっていくと思います。さらに、どういうときに損切りを行うか、今はしない方がよいか、今すぐした方がよいかという、即決断の目安にもなります。また、あるひとつのコツとして、十分に安い、という確実な根拠がもてないという場合は、売るべきだとも言われています。反対に、ぜったいに割安だ!という根拠があれば、その気持ちはぶれないでぜったいに保持する方が大切だと言います。